本文へスキップ

活動概要

日本熊森協会(本部:兵庫県西宮市)は、クマをシンボルに奥山の保全・復元に取り組む実践環境保護団体です。
岐阜県支部では以下のような活動をしています。

啓発活動

主に岐阜県内で開催される各種イベントでパネル展や紙芝居を行ったり、講師を招いて講演会を開催したりしています。紙芝居は小さなお子さんにも分かる内容で、毎回好評をいただいています。

森の保全・復元活動

森林トラストにより奥山を守る運動をしたり、人工林の間伐・広葉樹の植樹・炭まき等により森の復元に貢献する取り組みをしたりしています。

クマの保護活動

人里で捕獲されてしまったクマを山に返す取り組みをしています。また、クマのエサとなるどんぐりが不作の年には、まちのどんぐりを山に運ぶ「どんぐり運び」を緊急措置として行います。

定例会

地区の会員が定期的に集まり、情報交換をしたり今後の活動を話し合ったりします。軽食をとりながら和気あいあいとした雰囲気になっています。

inserted by FC2 system